困っている人の為に髪の毛を伸ばした少年

Posted:2022.01.25カテゴリー: 派遣会社の社員ブログ(JOBBANK)

こんにちは、事務のヨシモトです。

昨日の新聞記事に、心が温かくなる話が載っていました。

3歳の頃車にはねられ九死に一生を得た少年が、病気やケガをした人の為にと

小学校1年生から4年生になるまで伸ばした髪の毛、長さ60センチを寄付したという記事です。

カツラを作る為には最低30cm以上の長さの髪の毛が必要と言われており、そうすると寄付できるまでには最低でも3~4年ほどかかります。

私もJOB BANKに入社した頃、ヘアドネーションの為に髪を伸ばしていたのですが、くせっ毛で元々あまり伸ばさない性分なので

寄付できる長さに達するまで伸ばすのは辛抱が要りました。

それを子供の、とくに男の子が成し遂げるのは強い意志が必要だったと思います。

医療用カツラの為の髪の毛の寄付「ヘアドネーション」。

この男の子の記事により、また少し認知度が広まり、寄付の為に髪を伸ばす人がきっと居るはず。

優しさの連鎖を感じて自然と顔がほころぶ記事でした。

車にはねられ奇跡的に助かった男児 「人の役に立ちたい」とカット 事故で髪を失った子に贈る
沖縄タイムス 2022年1月24日